お知らせ

11月にはいり今年も終盤にさしかかってきました。

コロナ禍も収束傾向を見せ始めています。

まだまだ油断はできませんが早くに以前のような日常にもどることを祈っております。

感染予防対策は一朝一夕にできるものではなく、以前よりの実践がものをいいます。

日々情報をアップデートしつつ設備投資を怠らないようにしています。

またコロナ禍、外出ができなくなった高齢者の方への施設やご家庭への訪問診療も増えています。

今後は、新型コロナウイルスに加えて、インフルエンザの流行も懸念されています。

なにより体への入り口である口腔へのケアや予防治療は大変重要だと考えています。